【イタすぎるセレブ達・番外編】「性は金になる」ヒュー・ヘフナー氏死去 『PLAYBOY』哲学のまま生きた風雲児が遺した名言の数々

若い美女を何人も囲いつつ恋に落ち、2012年にクリスタル(31)と結婚した『PLAYBOY』の発刊者ヒュー・ヘフナー。その彼が91年の人生に幕を閉じたと全米メディアが伝えている。最近では「他界したのではないか」と噂されるほどメディアへの露出が少なかったが、訃報を聞いた人達は「やはりこんなことに」と肩を落としている。

「性は金になる。」

そう確信していたヒュー・ヘフナーは『PLAYBOY』を発刊し大成功。美女を愛し自由に生きた彼には31歳の妻もおり、そちらとは「赤ちゃんを望んでいるのでは?」と囁かれていたが、それは叶わぬまま米時間27日に他界した。彼の死について『PLAYBOY』側は以下のような声明を発表している。

「ヘフナー氏は、自宅プレイボーイ・マンションにて自然死に至りました。愛する人達に囲まれての死でした。」

「91歳でした。」

老齢になろうとも若く美しい女性を愛し、仕事にも精力的だったというヒュー。しかし年齢には勝てず、数年前には妻と訪れたディズニーランドを電動スクーターで移動するなどしていた。それでも最後まで人生を謳歌した彼が残した名言のいくつかを、ご紹介したい。

■人生はあまりにも短い。人の夢のために生きる? そんな時間なんてないのさ。

■今を生き、将来を見据える。そして過去とのつながりも忘れない。そうすることで、私は満たされるのさ。

■年齢に意味なんてない。しょせん、数にすぎないのさ。

■ワガママになるのは結構なことだ。それでも限度はある。「人の話に耳を傾けない」なんていう態度はダメだ。

■人生や自分についても、ユーモアを忘れないように。そうしないと、(心も)老いてしまうから。

■夢があるなら追うことだ。人生は短い。だからこそ夢を持ち、実践するんだよ。

■若い世代に対し悲しいと思うことの一つは、これだ。若い奴ってのは俺達ほどは過去を顧みない。でも自分がどんな人間だったのか知らなくちゃ、今の自分についても本当の部分は理解できないだろう。

■生と死。これは自然なことだし、辛いとも感じていない。ただ想像しがたいのは、夢見てきたこと、子どもの頃に切望したことや昔抱いた憧れは、どうなってしまうのかってことだ。ひょっとすると、(人は死ぬと)永遠の何かの一部になるのかもね。

夢に生き、それを実現させて大成功したヒュー。最近ではなかなか姿を見せず重病説や死亡説も出ていたが、広報担当者は「ヘフは元気です」「ここ数年は背中の痛みを抱えていて、それも伏せずに公表しています。そのせいで移動は以前に比べて少々困難になっていますがね」とコメントしていた。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/6617678