【ディズニー】美女と野獣イヤーはじまる!TDLの2020年が盛大に始動

今年は新型のフロートで登場☆

写真を拡大

元旦の1日(水)、東京ディズニーランドで2020年1月5日(日)までの5日間、正月限定プログラム「ニューイヤーズ・グリーティング」がスタート。TDL大規模開発が実現するメモリアルイヤーが、華々しく始動した。

新しい年を迎えた東京ディズニーランドでは、和服姿のミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、新年のごあいさつをする「ニューイヤーズ・グリーティング」で、にぎにぎしく登場。パレードルートに集まった数多くのゲストとともに、1年の始まりを華やかに笑顔で祝った。今年は昨年までと異なる新しい型のフロートで、きらびやかに登場した。

また、2020年の干支にちなみ、ミッキーマウスとミニーマウスが、エントランスに飾られている門松などのデコレーションや、約60種類以上のお正月のグッズ、メニューなどにもデザインされ、新年を盛り上げていく。

この2020年度は東京ディズニーランドにとってメモリアルな一年で、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとしたアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」を筆頭に、屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」、「ベイマックスのハッピーライド」、「ミニーのスタイルスタジオ」といった施設が、4月に一斉にオープンする予定。史上最大の開発規模による新たな魅力がTDLに加わる年であり、東京ディズニーリゾートが新たなステージへと向かう年の幕開けで、大いに期待が集まる。

お正月限定の「ニューイヤーズ・グリーティング」は、1月5日(日)まで公演中。今年もファンタジーランドを起点に同パレードがスタート中だ。

※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー/パレード、メニュー、グッズなどすべての情報は予告なく変更になる場合があります。

(C) Disney

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0101/cin_200101_2254249469.html