ゴースト流の東京ディズニーランドでゾクゾク、ワクワクなハロウィーンを体験しよう!

みなさま、こんにちは! 吉田よしかです。前回の東京ディズニーシーのハロウィーン記事「ハーバーショーが4年ぶりにリニューアル! 東京ディズニーシーのハロウィーンを楽しみ尽くそう」に引き続き、今回は東京ディズニーランドのハロウィーンを特集いたします。
○ゴーストと一緒に記念撮影!おばけの世界で「こんばんは」のご挨拶

今年の東京ディズニーランドで開催されている「ディズニー・ハロウィーン」では、パーク内のいたるところに個性的で愉快なデコレーションが登場しています。

ゴーストと一緒にハロウィーンならではのポーズをとって写真を撮影できるフォトロケーションなども新たに設置され、様々な場所にいる陽気なゴーストがゲストの皆さまをお迎え。

一緒にポーズを取ったり、ゴーストにお菓子をもらったり? 思い思いのポーズでハロウィーンムードを満喫してくださいね。
○今年も開催!ゴースト色満載の「スプーキー“Boo!”パレード」

東京ディズニーランドでは、今年も“ゴースト流の東京ディズニーランド”をテーマにしたハロウィーンパレード、「スプーキー“Boo!”パレード」を開催中。ゴースト仕様のコスチュームに身を包んだミッキーマウスとミニーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちが、ゲストの皆さまと一緒に奇妙で魅力的な祭典を盛り上げます。

ダンスシーンでは昨年より少し音楽のパートも異なっている部分もあり、ミッキーマウスとミニーマウスのコスチュームも、より色の引き立った新しいゴースト仕様になっているのも見どころの一つ!

ゴーストたちの手により奇妙で魅力的に変身した“ゴースト流の東京ディズニーランド”をその目でお確かめください。時折流れるちょっとコワ目の音楽がゾクゾク感を盛り立ててくれていますよ!

パレードは、ファンタジーランドをスタートし、プラザで停止した後、トゥーンタウンへ向かいます。今年のパレードはシンデレラ城周辺のプラザのみ停止モードになり、その他の場所では一切停止しません。ダンスシーンを各パートでしっかり観賞したい場合は、シンデレラ城のプラザ前で少なくとも”パレード開始2時間前”にはパレードルートで待機しましょう。(パレード開始一時間前からシートなどを敷いて待つことが可能になります。)なお、「スプーキー“Boo!”パレード」のミッキーマウスの乗ったフロートが停止する鑑賞エリアには抽選が必要な場所があります。入園したら抽選することをお忘れなく!

「抽選が必要なショーをご覧いただくためには」(東京ディズニーランド公式サイト)
○パークメニューvsホテルメニュー。自分好みの料理を選んでLet’sハロウィーン!

今回、東京ディズニーランドで食べられるハロウィーンメニューでは、「キャプテンフックス・ギャレー」で提供中の「ポップコーンソーダ&ドーナツ」(1杯 600円)のように見た目からして奇を衒ったメニューのほか、ナイトメア・ビフォア・クリスマスをモチーフにした「プラザパビリオン・レストラン」のスペシャルセット(1,940円)、「スウィートハート・カフェ」・ジャック・スケリントンのサンドセット(1,070円)など、SNSにアップして映えるような見た目華やかなメニューがお目見えしています。

一方、ディズニーホテルでは、見た目だけではなく、味もお墨付きのメニューが勢揃い。今回は、各ディズニーホテルから4つのおすすめハロウィーンメニューをピックアップしてお届けしましょう。
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ シルクロードガーデン(中国料理)

“ディズニー・ハロウィーン”ランチコース 4,300円

今回のランチコースは「ディズニー・ハロウィーン」のモチーフが印象的な前菜や、コウモリを描いたお皿に盛り付けられたデザートなど、ダークで妖しいハロウィーンの雰囲気をお楽しみいただけますが、なんといっても目玉は分厚くカットされた刀削麺。

ピリ辛の坦々スープに刀削麺が絡んで、どんどん箸が進みます。おかわりできないのが残念なほどの美味しさにぜひ舌鼓を打ってください。山椒の香りも楽しめる筆者一推しのメインメニューです。

美味しいメニューには、”ディズニー・ハロウィーン”スペシャルドリンク コレクタブルグラス付き(2,000円)もご一緒に。中華の脂っこさを緩和してくれそうなさっぱりドリンク、お料理のお供におすすめです。

「東京ディズニーランドホテル」シャーウッドガーデン・レストラン(ブッフェレストラン)

“ディズニー・ハロウィーン”ディナーブッフェ
(平日)大人5,200円/ 中人3,500円/ 小人2,500円
(土日祝)大人5,700円/ 中人3,500円/ 小人2,500円

40種類以上ものメニューが並ぶブッフェ台にはハロウィーンを表現した、見た目にも楽しいお料理や秋の味覚をたっぷりとお召し上がりになれます。

竹炭のパン粉をまとった「サーモンのロースト」や、甘酸っぱいアップルジンジャーソースでお召し上がりいただく「ローストポーク」のほか、まったりとした甘さが際立つ「紫芋のムース」、秋野菜をたっぷりと使った「ポークと根菜のサラダ」など秋の味覚を存分に満喫できますよ。
「ディズニーアンバサダーホテル」エンパイア・グリル(カリフォルニア料理)

“ディズニー・ハロウィーン”エンパイア・グリル・ディナー(10,000円)

牛タンや白レバーなどの食材を使った前菜をはじめ、キャストの一手間で料理に華が咲くメインのお肉料理、砂糖菓子のミッキーマウスとミニーマウスが添えられた洋梨のシブーストで、イベントの雰囲気を醸し出すデザートなど、ハロウィーンのちょっとゾクゾクするムードを楽しめる全5品が並びます。

“ディズニー・ハロウィーン”スペシャルドリンク (1,300円)は、ジンジャーエールをベースに、ベリー系のシロップが入ったさっぱり大人味が楽しめる爽快な1杯。甘みが少ないので食前にいただく際にぴったりな味わいです。

ハイピリオン・ラウンジ(ロビーラウンジ)

“ディズニー・ハロウィーン”ケーキセット(1,700円)

今年は、ブルーベリーモンブランの中からおばけの目玉がきょろきょろした、ちょっとゾクゾクする雰囲気のケーキセットが登場。

ケーキの美味しさに定評があるハイピリオン・ラウンジですが、今年はちょっとしたチャレンジメニューもお目見えしています。それがこちら”ディズニー・ハロウィーン”スペシャルドリンク (1,300円)。

このドリンクを開発した「ハイピリオン・ラウンジ」のキャスト玉井奈菜美さんによると、こだわりは「パッと目を引く、ハロウィーンカラー」。写真映えするハロウィーンカラーだけは外せないと決めていたとのこと。

さらに、このスペシャルドリンクは、「色味」「季節感」「溶けにくいホイップ」の3層構造により、オレンジジュースやストロベリーシロップを使ってハロウィーンカラーを演出、栗のシロップで季節感を出し、紫いものホイップでトリッキーな味わいを楽しめるという
まさに一杯で3種類の「秋らしい風味」を感じていただける1杯です。

楽しいパレードやショーに美味しいメニュー、そしてイベント期間中は毎日、ディズニーキャラクターのフル仮装をお楽しみいただけるのも大きなポイントの「ディズニー・ハロウィーン2019」。今年もゾクゾク、そしてワクワクするような雰囲気に包まれたパークへ足を運んで、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのハロウィーンを満喫しましょう!

○吉田よしか(ヨシダヨシカ)

東京ディズニーランドが開園した1983年以降、30年以上に渡りパークに通い続けているディズニーの達人。年間300日以上パークに足を運び、最新情報やディズニー関連情報などを毎日紹介するAmeba公式ブログ『吉田さんちのディズニー日記』は1日平均50万PVを誇る。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9127835