ジョニー・デップ、ディズニーランドでのスパロウ姿は「大失敗だった」

今年の春、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のアメリカ公開を前に、ジョニー・デップはカリフォルニアにあるディズニーランドを訪問。そこで同映画のベースとなった人気アトラクション会場に「ジャック・スパロウ」の姿で登場しファンを驚かせようとしたジョニーだが、今では「バッドアイデアだった」と後悔しているという。

ディズニーランドにある「カリブの海賊」は、来園者がボートに乗り“海賊たちの暮らす街”を再現した大迫力のセットを巡る大人気アトラクションだ。ここには映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のキャラクター「ジャック・スパロウ」の超リアルな人形もあるため、偽物だと知っていてもファンの多くが大興奮。そのスポットを何よりも楽しみにしてボートに乗り込む人も多いという。

それを知るジョニーは、今年の春にカリフォルニアのディズニーランドを訪問。「ジャック・スパロウ」の衣装に着替えたジョニーは映画のキャラクターになりきってアトラクション会場に出没、「アトラクションを楽しみにしている人々を驚かせよう」と張り切っていたのだが、その日のことをジョニーは『The Graham Norton Show』でこう振り返った。

「微動だにせず(人形のふりをして)立って待っていたけど、大興奮だった。そして(ボートが目の前に来た時にジャックの声で)こう言ったんだ。『オイ、何を見ていやがる?』って。」

ここで来園者が歓喜の声をあげ大盛り上がりするはずが、実際は…。

「まったく無反応でリアクションはゼロ。自分が人形ではなく本物だと理解させるために、お客さん達の様子をああだ、こうだと説明して証明しなきゃならなかったほどさ。」

「あれは疲れたよ。まさにバッドアイデアだったね。」

思っていたほどのリアクションもなく人形だと思われてしまったジョニーだが、お客さんは「白けた」というより「信じられない」という思いだったもよう。その日の様子を見た人物は、『E!News』にこう語っていた。

「みんな驚いていましたよ。本物のジョニーを見てショックを受け、とても興奮していました。」

「ジョニーは、まるで映画と同じように演じていました。」

「アトラクションを楽しんでいた人達全員にとって、信じられないような瞬間でした! クレイジーな経験になりましたよ。これまでの来園で一番楽しい経験になりました。」

“予想外の反応”に少々がっかりしたというジョニーだが、サービス精神旺盛で「思いきり楽しんでほしい」「ビックリしてほしい」というジョニーの思いと願いは、実はきちんと伝わっていたのである。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/6762488