ディズニー好きの女性がシンデレラ城で遭遇した悲劇 「傷つきました…」


年齢国籍を問わず、世の女性たちが一度は憧れる存在がディズニープリンセス。『Yahoo! 知恵袋』では、プリンセス好きな女性から寄せられたある相談が注目を集めている。

■せっかくの誕生日なのに…

19歳の誕生日を迎えたという投稿主は、あまり母親との関係が良好ではない模様。母親とともに食事をし、雑談をしていると好きなディズニープリンセスの話題が出たそう。

中でもシンデレラが好きという投稿主が母親にそう告げると、「その顔で?」という失礼極まりない返事が返ってきたという。

関連記事:「子供の趣味で服を着せたくない」と悩む母親 価値観をめぐり賛否が相次ぐ

■以前にも似たことが…

「冗談でしかない」ということは理解している投稿主だが、誕生日に心ない言葉を浴びせられてかなり傷ついてしまう。なんと、母親からこのような発言を受けたのは今回は初ではないという。

1年前にディズニーランドへ行った際は「初めてのシンデレラ城へ行ける」とワクワクする投稿主に、「その顔でシンデレラなんて信じられない」と言い放ったようだ。

ショックを受けた投稿主は「かなり傷つきました」「もうプリンセス好きなのをやめたほうが良いんでしょうか…」と悩みを綴っている。

■相次ぐ同情の声

俳優・反町隆史はかつて「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ…」と苦悩や葛藤を歌っていたが、周囲を気にして自分の趣味や思想を無理に変える必要はないだろう。

同トピックにも「自分の好きなものは貫けば良いと思います」「お母さんの発言は立派なDVですよ…」「シンデレラが好きという、その素敵な心を大切にしてください」といったコメントが多数寄せられていた。

■趣味はオープンにしてる?

「好きなものは好き」とハッキリ言いたいが、どこまでオープンにするかはTPO次第という人もいるはず。しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,400名を対象に調査したところ、「周囲には隠してる趣味がある」と答えた人は全体の26.4%と判明している。

何を愛好しようか、それは個人の自由。とやかく口出しするのは野暮であり、ただただ無粋な行為と言えるだろう。

・合わせて読みたい→友達に母の話をすると「おかしいのでは?」 見返してみると…

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名 (有効回答数)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9352383