パパが忙しいorシンママ家庭の「母子だけ休日」活動範囲は? 現役ママに聞いてみた

「夫の仕事が忙しくて家族で出かけられない…」「シングルマザーだから母子でしか外出しない」など、家庭環境によっては、母子のみで出かけることが多いママもいますよね。

中には「母子だけの方が気楽でいい」なんていうママもいるでしょう。

そこで、今回は「母子だけでの外出はどこまで行くのか」について、現役ママたちに話を聞いてみました。

■母子だけで外出したことがない人は少ない!

そもそも、母子だけで外出をすることはあるのでしょうか。

実際に現役ママたちに話を聞いてみたところ、「母子だけで外出は普通」「夫がいると助かるけどいなくても平気」といった声がありました。

こうしたことから、母子だけでの外出経験者は多いということが分かります。

ただし、ママの性格や家庭環境などによってはもちろん「母子だけで外出したことはない」というママもいますので、一概には言えません。

■どこまで行くの?外出するママと子の行動範囲

実際に母子だけで外出する、というママは一体どのような場所に訪れているのでしょうか。

現役ママ5人に話を聞いた結果についてご紹介します。

■子ども向け施設は定番!

ショッピングモールなどのキッズスペースや、図書館、公園などのような子ども向けの施設には頻繁に母子だけで訪れるという声が多数でした。

そもそも、こうした場所に夫を連れて行く必要はないといった意見や、夫が仕事に行っている間の時間つぶしとして利用しているという意見も見られました。

たしかに子ども向け施設に訪れてみると、母子だけで遊びに来ている姿をよく見かけるので、当然の結果かもしれませんね。

■飲食店も母子だけで行くことがある

ランチで飲食店に行ったり、ママの息抜きとして子どもとカフェに入ったりするママは多いようです。

実際、この日お話を聞いたママ全員が「飲食店に母子だけで行ったことがある」と回答しました。

ただ、飲食店の場所にもよって意見は異なるようで、「オシャレなお店は入りにくい」「ファーストフード店くらいなら母子だけで行く」といったママもいました。

■母子だけで娯楽施設に行く

遊園地、ゲームセンター、テーマパークなどの娯楽施設。夫婦と子どもで来る印象があるスポットではありますが、こちらも母子だけで行くことがあるとのことです。

「母子だけでディズニーランドに行きました。夫は行列とか、渋滞が嫌いでイライラすることが多いので、せっかくのお出かけを台無しにしないためにも母子だけでディズニーランドに行くことがほとんどです」

「よく子どもと2人でアンパンマンミュージアムに行きます。2人で行くことに違和感を感じたことはないですね」

「遊園地は2人乗りのアトラクションや、2人並んで乗るアトラクションが多いので、夫抜きで子どもと乗った方が楽しいです」

このように、娯楽施設へも抵抗なく母子だけで行くという声が挙がりました。

一方で、「さすがに子どもと2人でディズニーランドに行くのは心細い」という意見もあり、ママの性格によって意見が別れるようです。

■旅行も「母子だけ」がラクチン!? 子どもと遠出するママも!

外出のみならず「旅行」へも母子だけで行くというママがいました。

「去年、5歳の娘を連れてグアムに行きましたよ。もともと、夫は職場の旅行に行くことが決まっていて、息子も旅行に行きたいと言い出したので思い切ってグアムへの旅行を計画しました。特に不自由なく楽しめました」

なんと、国外旅行へも母子だけで行くという強者ママ。子どもが赤ちゃんの時期であれば、難しいように感じますが、ある程度大人の言うことが理解出来る年齢であれば、旅行も問題なくできるのかもしれません。

また、別のママは国内旅行で1週間旅をしたのだそう。

「沖縄に1週間、4歳の子どもと旅行をしたことがあります。多分、本人の記憶には残らないと思いますけど、その場で楽しく過ごしてくれればいいなと思って連れていきました。

夫は外出がもともと好きではないので、普段から夫を家に残して母子だけで出かけているんです」

沖縄に1週間旅行した経験があるというママさん。こちらのママさん曰く「母子だけで行けない場所はない」とのことでした。

■母子だけの外出はどこまでも可能!?

「母子だけでどこまで行くのか」という疑問ではありましたが、ママの性格によってはどこまでも行けるというのが結論のようです。

公園や飲食店といった場所の他にも、娯楽施設や旅行などを楽しむママも多いことが分かりました。

家族でよく話し合い、それぞれが納得したうえで楽しい母子だけの外出を楽しめるといいですね。

母子だけでの外出には制限はありません。

ただ、ママにとっては「母子だけでは生きにくい……」と感じると思います。ママの性格によって活動範囲は変わるものの、基本的には「子どもが行ける場所には母子で行くことも多い」という意見が多い印象でした。

夫が多忙で一緒に外出できないママや、シングルマザーのママはぜひ今回の記事を参考に、どこまで子どもと外出するか予定を立ててみてはいかがでしょうか。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/6881609