ミニーマウスが主役の新ショー&TDSは“クッキー・アン”登場の新プログラム

1月10日からスタートするミニーマウスを主役にしたプログラム『ベリー・ベリー・ミニー!』がお披露目 (C)oricon ME inc.

写真を拡大

 東京ディズニーリゾートが、1月10日よりスタートする新しいスペシャルプログラムを本日9日に先行公開。今年4月には東京ディズニーランドで初めて、ミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がオープンする。それに先駆け開催されるミニーマウスを主役としたプログラムの披露にパークは大いに盛り上がりを見せた。

■ミニーマウス一色! 懐かしくも新しいがつまった2つのプログラム

 東京ディズニーランドでは、3月19日までの今年度限定でミニーマウスを中心としたプログラム『ベリー・ベリー・ミニー!』を展開。ショーベースで新たに公演が始まるのは、「イッツ・ベリー・ミニー!」。ミニーマウスとディズニーの仲間たちが、新たなテーマソングや、これまでパークを彩ってきた音楽に合わせて楽しいショーを繰り広げる。フィナーレでは、ミニーマウスをイメージした新しいコスチュームに身を包んだディズニーの仲間たちが大集合。華やかなクライマックスに注目だ。

 さらに、公演日や場所によって毎回違った楽しみ方ができるミニパレード「ベリー・ミニー・リミックス」も。新コスチューム&テーマソングでスタートするパレードは、途中6ヵ所で停止。「Dポップ・マジック!」や「スーパーダンシン・マニア」、「フィエスタ・トロピカール」、「フィール・ザ・マジック」など、過去のショーを織り交ぜた懐かしくも新しい世界を楽しむことができる。

 カチューシャやキャラクターミットなど、新たなグッズや、ミニーマウスをイメージした新メニューも多数登場。パーク内のデコレーションもキュートでポップなミニーマウスやディズニーの仲間たちで彩られる。

■新登場の“クッキー・アン”&3年目の『ピクサー・プレイタイム』にシーはにぎやか

 東京ディズニーシーでも、新たなショーがスタート。ダッフィー&フレンズが心あたたまるショーを繰り広げる『ダッフィー&フレンズのハートウォーミング・デイズ』には、垂れた耳と鼻がチャームポイントの新キャラクター“クッキー・アン”が初登場。新しいフードメニューや、ワッフルメーカーなどのキッチングッズも多数販売され、パーク内にはダッフィー&フレンズが力を合わせて作ったワッフルタワーのデコレーションも。

 また、3年目を迎えるスペシャルイベント『ピクサー・プレイタイム』が今年も開催。参加型ショー「ピクサー・プレイタイム・パルズ」は、ピクサーの仲間たちと一緒にゲームが楽しめる。ゲストは、『トイ・ストーリー』、『Mr.インクレディブル』、『ファインディング・ニモ』など、作品にちなんだ異なる3つのゲームに挑戦できる。今年は『トイ・ストーリー4』で活躍した“ボー・ピープ”が登場するのも見どころだ。

 その他、『カーズ』のキャラクターが登場し、ダンサーとゲストが一緒になってダンスを楽しめるプログラム「ライトニング・マックイーン・ヴィクトリーラップ」や、映画『レミーのおいしいレストラン』の世界観を味わえる「レミーの“誰でも名シェフ”」など、期間限定のショーが盛りだくさん。メディテレーニアンハーバーの水上では、ピクサーの仲間が船に乗って登場する「ピクサー・パズル・スチーマー」も、1日2回開催される。

 周辺のディズニーホテルでも期間限定のメニューやグッズを販売。ディズニーリゾートラインもダッフィー&フレンズの5人をデザインしたラッピング車両が登場する。4月の新施設グランドオープンを目前に、例年以上に東京ディズニーリゾート全体が盛り上がりそうだ。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0109/ori_200109_1627922242.html