東京ディズニーランドのイベント限定! カメラも入る激かわリュックと、クリアポケットで推しをアピれるランチケースをレビューします

リュックサック(5500円)。ドットのリボンがインパクト大のデザイン

写真を拡大

 東京ディズニーランドで3月19日まで開催中のスペシャルプログラム「ベリー・ベリー・ミニー!」。ミニーマウスを主役に、東京ディズニーリゾートの過去のエンターテイメントプログラムを振り返るショーやパレードが多くのディズニーファンを感涙させている本イベントでは、ミニーをテーマにしたグッズも多数ラインアップ。中でも、ディズニーファンのライターが心奪われた「リュックサック」と「スーベニアランチケース」の2種類のバッグをレビューします。
●カメラも入る! 機能的なリュックサック
 「ベリー・ベリー・ミニー!」のグッズは、ミニーのトレードマークであるドット=水玉をモチーフにしたグッズのほか、ミニーやミッキーの写真を使った「実写グッズ」も数多く登場しています。
 その1つがリュックサック(5500円/税込、以下同)。一見、リボンのついた黒い無地のリュックサックですが、なんと内側はミニーたちディズニーキャラクターの実写プリント生地が使われているのです。どこを見てもかわいいな……。
 このリュックの特徴は、かわいいだけでなく、機能面も抜群だということ。正面からは大きなポケットに見える下のファスナーをあけると、上部から独立した収納スペースになっているのです。
 収納スペースは、底面、側面にスポンジ状の素材が入っており、カメラなどの貴重品を収納するのにぴったりです。また、仕切りもマジックテープで取り外しが可能。中に入れるものに仕切りをぴったりあわせて中身を動きにくくしたり、全て取り外して大きなものを入れたり、さまざまな用途で使えます。
 上部の収納スペースは、普通の大人用リュックに比べると深さはないものの、おでかけには十分な容量。試しに、パレード待ちでよく使う折り畳み式のポータブルクッションを入れてみると、横にぴったりと収められました。背面側には大きなポケットもついているので、ここに小物やレジャーシートを入れるのも良さそうです。
 これだけでなく、実は背面にも収納スペースがあります。それは、ファスナー付きの横長ポケット。東京ディズニーリゾートで配布されているガイドマップや、ショースケジュールなどを記載した「トゥデイ」にぴったりのサイズになっており、大荷物でも情報を調べたいときにさっとガイドを取り出せます。
 これはもしかして、海外旅行でも使えるのでは……? とパスポートを入れてみると、思った通りに収めることができました。リボンのデザインがインパクト強いし、ディズニーランドでしか使わないかも……と思っていたリュックでしたが、これはどんどん外に持っていきたくなるな……。
 サイドにはパスケースなどを下げられる金具つき。大きなリボンは中央の結び目風の部分が輪になっているので、缶バッジなどの安全ピンを通してつけることもできそうです。
●クリアポケットでアピールできる! スーベニアランチケース
 リュックサックと合わせておすすめしたいのが、ドットのデザインがかわいいスーベニアランチケース(1100円)。リュックは大容量な反面、スマートフォンやハンカチなどのよく使うアイテムを取り出すのが面倒だったりするもの。スーベニアランチケースに小物をまとめておけば、便利で快適にディズニーランドを楽しめます。
 スーベニアランチケースを販売しているのは、東京ディズニーランド内のレストラン、スウィートハート・カフェ、リフレッシュメントコーナー、ヒューイ・デューイ・ルーイのグッドタイムカフェの3店舗。メニューにプラスしてで購入できるアイテムです。
 ランチケースの特徴は、前面がビニール素材を使った2重構造になっており、中に入れた小物を外に見せられること。定番の缶バッジやストラップのほか、東京ディズニーリゾートで販売されているぬいぐるみ「ポージープラッシー」のお気に入りの着せ替え衣装を入れれば、かわいく推しショーをアピールできそうです。
※商品は品切れや金額、内容等が変更になる場合があります。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/0114/nlb_200114_3558442178.html