東京ディズニーリゾートの冬が熱い! ミニーとピクサー、どっちがお好み?

こんにちは、クッキー・アン!

写真を拡大

 東京ディズニーリゾートでは2020年1月10日から3月19日までの70日間、この時期にしか楽しめない特別なプログラムが行われます。春はディズニー・イースター、夏はディズニー夏祭り、秋はディズニー・ハロウィーン、そして冬はディズニー・クリスマスが開催される東京ディズニーリゾート、この冬の東京ディズニーランドではちょっと懐かしくどマニア向けな“ミニーマウス”のイベントが、そして東京ディズニーシーでは恒例となった“ピクサー”のイベントが行われます。
 数年前までならば、冬といえばイベントもなく「閑散期」とされていた時期。しかしもはや閑散期はなく、冬ならではのイベントがしっかりと根付いて、レアな体験ができるようになりました。まずは東京ディズニーシーから!
●東京ディズニーシーはピクサーの仲間たちに加え、話題のあのキャラも上陸
 まずは大注目、東京ディズニーシーにダッフィーの新しいお友達が仲間入り。スペシャルプログラム「ダッフィー&フレンズのハートウォーミング・デイズ」では、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラ・ルーの4人に加え、2020年は新たなお友達、犬の女の子の「クッキー・アン」も登場。2020年3月27日スタートの「クッキー・アンのグリーティングドライブ」に先駆け、ダッフィー&フレンズの一員としてデコレーションに初登場しました。クッキー・アンのグッズはいま、東京ディズニーリゾートで最もホットなアイテムかもしれません。
 ディズニー・リゾートラインではラッピングモノレール「ダッフィー&フレンズ・ライナー」も登場。車両ごとにデコレーションが変わっています。これに乗れればラッキー?!
 そして2020年冬の東京ディズニーシーでは、2019年同様「ピクサー・プレイタイム」が開催されています。パーク中央のメディテレーニアンハーバーの広場、ピアッツァ・トポリーノで開催される「ピクサー・プレイタイム・パルズ」や、アメリカンウォーターフロントをめぐるミニパレード「ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ」や、ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」前で開催される「レミーの“誰でも名シェフ”」などのエンターテイメントが復活。ピクサー・プレイタイム・パルズでは映画「トイ・ストーリー4」にて力強いニュールックを見せつけた、あのボー・ピープも登場します。
●東京ディズニーランドはミニー祭! 「ベリー・ベリー・ミニー!」初開催
 東京ディズニーランドでは2020年に初めての、そして“今回限り”のスペシャルプログラム「ベリー・ベリー・ミニー!」が開催されています。その名の通り、ミニーマウスが主役のキュートでポップな要素がつまったスペシャルプログラムです。パーク中央部にあるフォトロケーションや、各所に設置されたバナーもミニーが中心。そのスタイルは長年通っている方であれば懐かしく、未体験の人にも新鮮な印象を与えますね。
 このプログラムでは、ミニーのコスチュームに注目が集まるレビューショー「イッツ・ベリー・ミニー!」と、公演日や公演場所によって音楽やダンス要素が異なるミニパレード「ベリー・ミニー・リミックス」を開催。これまで東京ディズニーリゾートで出演したミニーマウスの数々のショーやパレード衣装、そしてそのダンスが“復活”することもあり、マニアの間では発表直後からすさまじい注目を集めていたものです。
●独断と偏見、この冬のお勧めパークは?
 個人的なお勧めは、どちらかというと東京ディズニーシー。今も大人気のダッフィーに新たなお友達が登場ということで、新し物好きの人はぜひクッキー・アンのグッズをたくさん手に入れて、いっぱい写真を撮るのがお勧め。「ピクサー・プレイタイム」はいろんなところでショーをやっていますので、そちらも通りがかりに始まったらぜひ眺めてみてください。
 そして東京ディズニーリゾートマニアを自称するならば、きっと東京ディズニーランドのミニーマウスイベントに釘付けになっていることでしょう。ミニパレードは場所、日程ごとに表情を変えるため、何度も通う必要が出てきそうです。大人気のミニーですから、なるべく朝早くから東京ディズニーランドに行けるようにしましょう。
 どちらのパークもイベントは熱いですが、冬ですので防寒具は想定よりもちょっとだけしっかりとするのをお忘れなく。夜のパレードやショー、花火は冬ならではの眺めになるはず。楽しい東京ディズニーリゾートライフを!

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/0109/nlb_200109_0309347650.html