Snow Man阿部亮平「カットされないタレントに」 来年の抱負を語る

ジャニーズJr.のユニット・Snow Manの阿部亮平が、フジテレビの単発バラエティ番組『実はカットされてました』(31日9:50~10:50 ※関東ローカル)で、プレゼンに挑戦する。

お笑いコンビの和牛が進行役を務めるこの番組は、国民的大ヒットの栄光の裏で、人知れず実は「カットされていた」人や物にスポットをあて、一体何が「カット」されたのか、その経緯や心境を調査し、関係性のある豪華プレゼンターが発表していくというもの。阿部がプレゼンするのは、ディズニーランドやディズニーシーにまつわるカットストーリーだ。

実は、幻の“ディズニーレイク”がカットされていたという。番組では、広大な建設予定地と巨額の総工費による壮大な「幻のディズニーレイク計画」について、阿部自らがロケ取材して真相に迫る。用地買収まで進んでいた計画がカットされてしまった理由とは…。
収録を終えた阿部は、自身のプレゼンについて「広いステージに1人で立って、めちゃめちゃ緊張しました」と、かなりプレッシャーを感じていた様子。他の人がプレゼンしたカットストーリーには「誰もがカットする・されるの両方の立場に成り得るけど、そこには僕たちがまだまだ知らないほっこりするようなエピソードがあるんだと思いました」と感想を話した。

そして、来年の抱負について、「僕が所属するグループ・Snow Manは、来年1月22日にCDデビューするんですけど、色んなメンバーが多方面に個性を発揮していて、番組に出る機会も多いので、そこでカットされないようなコメントをどんどん残していけたらなって思います。それがSnow Manの知名度アップにもつながると思うし、まずはカットされないタレントになれるように経験をもっともっと積み上げていきたいです」と意気込んだ。

番組ではほかにも、麒麟・川島明が、映画界で起きた史上最大級の降板劇。齋藤孝氏が、12歳の時から大ファンという井上陽水の名曲『少年時代』にまつわる話。宇垣美里が、実はメンバーが1人カットされていたというトレンディエンジェルのカットストーリーをプレゼンする。

(C)フジテレビ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/9306538