「牛と豚の区別がつかない」 味音痴アンジャ児嶋、独特の料理評に賞賛集まる


(画像は児嶋一哉Instagramのスクリーンショット)

芸能界の料理上手と料理下手が集まり議論を交わした、19日放送『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、味音痴で有名なアンジャッシュ・児島一哉(45)も登場。

食事や料理に対する独特の感性、お弁当・おにぎり愛を熱弁した結果、視聴者から賞賛の声が集まっている。

■味音痴ゆえに幸せ

「ちょっと味付けしたら、なにを食べているかわからない」と明石家さんま(62)に指摘された児嶋。牛と豚、キャベツとレタス、キノコ類など食材の区別はつかないが、「美味しいっていう感覚はある」と主張する。

「安くても高くても全部美味しい、これって幸せじゃないですか?」と逆に問いかける児嶋に、周囲が「イチバン美味しくなかったもの」を尋ねると、「美味しくないモノってあります?」と首を傾げた。

■お弁当とおにぎりへの愛

料理人の中には「隠し味(がなにか)を聞いてくる人がいる」ことにもあり、「レタスとキャベツの区別もつかない俺に聞くなよ、最後まで隠しとけよ」と苦言を呈す児嶋。

さらに好きな食べ物の話題では「お弁当が好きすぎて止まらない」と熱弁。

妻とディズニーランドに行ったが食べ物の持ち込みが禁止だったため、園外でお弁当を食べてそのまま帰宅。代々木公園でお弁当を食べようと準備したが、我慢できず家で全部食べてしまったなど、そのお弁当愛は本物。

「震えが止まらない」ほど好きなロケ弁は「おにぎり2個と唐揚げ、ゆで卵」の入ったシンプルなモノ。「シナっとした海苔もパリッとした海苔も、あれはあれで美味い。おにぎりって最高」とその想いを吐露する。

「どれでも美味いから迷うことがない。どうせ美味いんでしょ?」とおにぎりへの全幅の信頼を明かした。

■視聴者賞賛

何を食べているかわからなくても「美味しい」と感じられる児嶋の独特の味覚に、賞賛の声が上がっていた。

■自称グルメの3割は「食事を抜いたほうがまし」

しらべぇ編集部で全国20~60代の自分をグルメだと思う男女280名を対象に調査したところ、全体の33.9%が「つまらないものでお腹を満たすくらいなら、食事を抜いたほうがまし」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

食事を人生の楽しみのひとつと捉え、1食にこだわるのも素晴らしいことだ。しかし「なんでも美味しい」児嶋なら、こだわるまでもなく「最高の食事」を毎回楽しむことが出来る。

味音痴をイジられ続ける児嶋だが、ある意味、誰もがうらやむ味覚の持ち主なのかもしれない。

・合わせて読みたい→にんにくと生姜が区別できない?アンジャッシュ児嶋のバカ舌に困惑

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2018年3月23日~2018年3月27日
対象:全国20代~60代の自分をグルメだと思う男女280名 (有効回答数)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/7550394