『くるみ割り人形と秘密の王国』(2018)

e0033570_19485984.jpg「マレフィセント」「シンデレラ」「美女と野獣」といった系譜に連なるディズニーのファンタジー映画の新作ですが、これらのような自社製作のアニメーション映画の実写化ではありません。
原作はE.T.A.ホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」で、チャイコフスキーのバレエ音楽もふんだんに盛り込まれております。
監督はラッセ・ハルストレムジョー・ジョンストンの連名。
最近よくある監督の途中交代か?と思ったのですが事情はちょっと違うようで、本来の撮影はハルストレム監督の下で2016年の秋から2017年初めにかけて行われたのですが、その後に大規模な再撮影が必要になり、スケジュールが合わなかったハルストレム監督に代わって2017年暮れからの現場で指揮を執ったのがジョンストン監督なんだそうで。
ただそれでも編集作業にはハルストレム監督も立ち会っているので、結局は共同監督ということになったのだそうです。それにしても製作(撮影)期間が他と比べて随分と長いように思えますし、本当のところはわかりませんねえ。
それに元々この時期には実写版「ムーラン」の公開を予定していたものの、製作の遅れから本作が繰り上がったという話もありますし、ディズニー内部でゴタゴタがないことを願います。
e0033570_19480552.jpgそして公開されたこの作品、本国ではコケてしまったようで、2018年のディズニー作品では日本では公開予定もない”A Wrinkle in Time”、それに「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」に次ぐ3本目の失敗作の烙印を押されてしまいました(マーベルやピクサーを含めた他の作品がヒットしてるので、その分は補填できそうとのことです)。
ということで少々不安を抱いて見たのですが、なかなかどうして愉しめる作品になっていました。
確かに中身はスカスカ、空っぽな映画かもしれませんが、キーラ・ナイトレイやモーガン・フリーマン、ヘレン・ミレンらが脇をガッチリと固め、美しく夢のある画面が作りがなされていますし、なんといってもクララ役のマッケンジー・フォイが輝いています(吹替の小芝風花も合格点です)。
美少女は存在そのものがファンタジーなんだなあと改めて感じさせられました。
母と娘、あるいは父と娘の絆を描くのであればクララの姉と弟の存在はいらないなと感じたのと、「アリス・イン・ワンダーランド」や他社作品ではありますが「スノーホワイト」のように、昨今のおとぎ話や童話の映画化作品ではヒロインのアクションシーンを強調する傾向があり、本作でもクララがブリキの兵隊を相手にする場面があったことに違和感を覚えたりということもありましたが、ここまで作ってくれれば文句はありません。
どうしてヒットしなかったのでしょうね。皆さん、期待値が高すぎたのでしょうか。



引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。http://odin2099.exblog.jp/27697522/