【ディズニークリスマス2018】 本格的なレビューショー「イッツ・クリスマスタイム!」に大興奮!

去年に引き続き独り身でクリスマスを楽しむ予定のOVO編集部丸です。平成最後のクリスマスは実家で少し豪華なケーキを用意しようと思います

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは11月8日から12月25日までのスペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」を開催中。それに先駆けて7日に行われたプレス向けの体験会にOVO編集部も参加してきました。

・ディズニーシーでは今年初開催のエンターテインメントショー

 東京ディズニーシーでは、今年初開催となるエンターテインメントショー「イッツ・クリスマスタイム!」を公演。

シンガーの歌うクリスマスメドレーにのせて、色とりどりの衣装に身を包んだダンサーたちと“洗練されたクリスマス”をイメージしたコスチュームに身を包んだミッキーたちが会場を盛り上げる、本格的なレビューショーとなっています。

誰もが一度は聞いたことのあるクリスマスソングと、息がぴったりと合ったラインダンス、タップダンスなどの華やかなパフォーマンスは必見です。

ショーの終盤になるとミッキーたちがステージ上に集まり、大切な人と過ごすクリスマスを分かち合います。そして、手話を取り入れた振り付けを「Welcome to Christmas」の音楽にあわせて踊り、しっとりとした雰囲気で終了・・・かと思いきやメディテレーニアンハーバーに突然現れたサンタクロースとダッフィー&フレンズによって会場の盛り上がりは最高潮に。最後はパフォーマー全員による圧巻のラインダンスでハーバーが包まれ、上空には花火が盛大に打ち上げられてフィナーレを迎えます。公演時間は約25分ということでしたが、一瞬のように感じられるひとときでした。

・公演概要

公演場所:メディテレーニアンハーバー

公演時間:約25分(1日2回/日中)

・ディズニーランドでは去年に引き続きファンタジックなパレード

 ディズニーランドでは去年に引き続き「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」を公演します。ディズニーの仲間たちが大切な人と一緒に過ごす物語をつづったファンタジックで楽しいパレード。サンタクロースのコスチュームを着たドナルド・ダックやデイジーダック、そして無邪気にはしゃぐ甥っ子のヒューイ、デューイ、ルーイたちと共に家族で過ごすクリスマスのフロートをはじめ、合計7つのストーリーを楽しめます。

パレードの途中でフロートが停止すると、鐘の音が鳴り響き、クリスマスパーティーが始まります。会場に居るディズニーの仲間たちやダンサー、ゲストたちが一緒になって鈴の音を鳴らしたり、徐々にテンポが上がるクリスマスソングに合わせて手を叩いたり簡単な振り付けのダンスで盛り上がります。

童心に返って私も全力で参加させていただきました。もちろん左右前後の人には当たらないように配慮して。ダンサーの方が目の前で一緒に振り付けを踊ってくれていたので、最近記憶力の衰えを感じ始めている私でも間違えることなく踊ることがでました。お父さん、お母さんも子どもと一緒にチャレンジしてみるのも楽しいですよ。

・公演概要

公演場所:パレードルート

公演時間:約40分(1日2回/日中)

フロート台数:7台

いかがでしたでしょうか。次回はディズニーシーのホッと温まる大人のドリンクを紹介していきます。お楽しみに。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8055773