指原莉乃、驚きの金銭事情を語る 古市憲寿から「5億円もらってる」と暴露され大慌て

(画像は日本テレビ『今夜くらべてみました』公式Instagramのスクリーンショット)
元日放送『今夜くらべてみましたSP』(日本テレビ系)で、HKT48の卒業を発表した指原莉乃と社会学者・古市憲寿、フリーアナウンサー・羽鳥慎一が博多のグルメロケに挑戦。

「財布の紐が固い」3人の話題はやはり「お金」。それぞれの驚きの金銭事情が明かされていった。

■3人で贅沢博多旅

休みの日は家に引きこもり酒を飲むだけの羽鳥、家にはチョコしかない古市、「10年間、使わずに貯金し続けている」指原。食にも浪費にも興味のない3人だが、この日は羽鳥が支払いを担当する贅沢博多旅を開催した。

タモリも「日本一」と絶賛するうなぎ店で舌鼓を打つなか、話題は3人の共通点「お金」が中心となっていく。

古市から「お金、使うんですか?」と尋ねられた指原は「マジで使わないです」と返す。ここで「秋元さんから聞いたけど5億円もらっているらしい」と古市が暴露すると指原は大慌てで「なんで嘘つくんですか」と否定。

羽鳥と古市はめげず、「3億円くらいですか?」と年収を探るが、指原は「そんなにもらってない」と最後まで真実を明かさなかった。

■2018年の大きな買い物

2018年に買った大きなモノについて3人は言及。羽鳥は「ディズニーランドとシーの年間パスポート」で約18万円。ランド内のベンチで座ってのんびりするのが至福と明かす。

古市は20万円の絵画。資産運用に興味のある指原が「絵は資産になるって言いません?」と尋ねると「それも正直ある」と本音を漏らした。

指原は「稼いでいるが使い道がない」状況。それでも大きな買い物として「実家」を購入したと告白。また自分のためには「60歳から月10万円ずつもらえる保険を払った」と堅実な面ものぞかせた。

■貯金の話題では…

貯金の話題では、羽鳥は金に執着がなく「無ければないでそれなりの生活をする。死ぬまでに夫婦で4,000万円ぐらいあったらいいと聞いた」と熱弁。

古市は「結局、友達。助けてくれる友達がいるかどうか」と貯金より人が大切だと主張。「いくらお金があっても、お金だけの人生は不幸」と持論を展開すると、指原は「お金だけで幸せになろうとしてる、私めちゃくちゃ不幸じゃないですか」と嘆いた。

■視聴者も興味津々

稼いでいる3人の金銭事情、お金への考え方に視聴者も興味津々。息の合ったトークを楽しんだ模様だ。

■指原と古市

指原と古市はかねてから「犬猿の仲」とされているが、共演時には「お似合い」との声が殺到する。この日も、どこか似た者同士の2人に視聴者からの視線が注がれていた。

HKT48を卒業し今後は「恋愛禁止」が解かれる指原。もしかしたら、似た者同士の古市との噂が流れる日が来るかもしれない。

・合わせて読みたい→「どうでもいいこと聞く」 古市憲寿氏、芸能レポーター・長谷川まさ子氏をバッサリ

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8225509