東京ディズニーリゾートで『トイ・ストーリー4』連動イベント開催決定

東京ディズニーリゾートでは、映画『トイ・ストーリー4』公開に先駆け、2019年6月14日(金)~9月1日(日)の80日間、『トイ・ストーリー4』の世界が楽しめるプログラム「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」を開催します。

■トイ・ストーリー4連動プログラムが初登場

2019年7月12日(金)公開のディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー4』を記念したイベントが初登場。

「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」では、映画『トイ・ストーリー4』の新キャラクター“フォーキー”が登場します。

フォーキーは、ウッディやジェシーたちの今の持ち主であるボニーが幼稚園で作ったおもちゃで、ボニーの一番のお気に入り。

しかし先割れスプーンで作られたフォーキーは、自分のことをおもちゃではなくゴミだと思い込んでいるため、ボニーやおもちゃの仲間たちのところから逃げ出そうとするのです。

「ファンタイム・ウィズ・トイ・ストーリー4」では、東京ディズニーランドでフォーキーを探す体験プログラムを実施するほか、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーにはフォトロケーションが登場し、関連するグッズ、メニューの販売を行います。

また、ディズニーホテルではスペシャルメニューを提供するほか、ディズニーリゾートラインではフリーきっぷを販売します。

■体験プログラム「逃げ出したフォーキーをさがせ!」

東京ディズニーランドでは、体験プログラム「逃げ出したフォーキーをさがせ! 」を実施します。

自分はゴミだと思い込んでいるフォーキーは、ウッディなどほかのおもちゃのもとから東京ディズニーランドに逃げ出してしまいました。

そしてパーク内のあちらこちらで面白いものを見つけては遊んだり、はしゃいだりしているようです。

ゲストはスペシャルマップをもとにフォーキーを探し、おもちゃたちからのメッセージを見つけると、オリジナルのステッカーがもらえます。

■グッズは約50種類

映画『トイ・ストーリー4』に登場するキャラクターがデザインされたアイテムを約50種類販売します。

フォーキーのぬいぐるみバッジのほか、キャラクターたちが積み木を使ってシンデレラ城を組み立てたり、おもちゃで作ったパークのアトラクションで遊んだりする様子をデザインしたトートバッグやミニタオルなど、東京ディズニーリゾートでしか買うことが出来ないグッズが登場します。

また、東京ディズニーランドの「ウエスタンランド写真館」では、『トイ・ストーリー』シリーズに登場するキャラクターの好きなスタンプをつけ、オリジナルの写真を作れる「東京ディズニーリゾート・オンラインフォト」にフォーキーのスタンプが期間限定で登場します。

■メニューはホテルにも登場

映画『トイ・ストーリー』シリーズの世界をドリンクや食事、デザートなどで楽しめるメニューが16種類販売されます。

フォーキーを作れるキットがもらえるメニューが各パークで1種類ずつ登場するほか、2つのパークではおもちゃ箱をイメージしたストロベリーの果肉とゼリー入りのカラフルなソーダや、アンディの部屋に貼られている空色の壁紙をイメージしたラムネ味のスムージーが、スーベニアコースター付きで登場します。

パズルのように繋げられる形状のスーベニアコースターは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーでそれぞれ3種類ずつ販売します。

ディズニーアンバサダーホテルの「ハイピリオン・ラウンジ」「チックタック・ダイナー」、東京ディズニーランドホテルの「ドリーマーズ・ラウンジ」の3店舗では、映画のワンシーンをイメージしたケーキや、今作で大活躍の羊飼い人形のおもちゃ“ボー・ピープ”をイメージしたケーキなどを楽しめます。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8611224